白髪染めの選択肢として

白髪染めの選択肢として

白髪染めの選択肢として今回私はセルフカラーとしてhairjuヘアカラーフォームを勧めさせてもらっていますが、もちろん白髪染めの方法はそれだけではありません。

その他にどういった選択肢があるかという事も理解した上で自分がどの方法を選択するのかという事ももちろん大切な事です。

私個人としてはそうして色々な方法を検討した結果hairjuヘアカラーフォームに行き着いたのですが、どうしてそういう結論に至ったのかという事も交えてお伝えさせて頂ければと思いますので、ご自身の白髪染めの選択肢としてどういうものがあるのか、参考にして頂ければと思います。

ヘアージュ公式ホームページ

美容室での白髪染め

やはり信頼のおける白髪染めの方法として一番に思いつくのは美容室での白髪染めだと思います。

美容室で白髪染めを施せば、カウンセリングをしたのちにそれぞれに合ったカラー剤の塗布となりますし、その後のシャンプーからドライまでもしてくれますしね。

自分の髪や頭皮の状態を考慮してカラー剤を選んでくれるでしょうし、納得いく結果には結び付きやすい方法であると思います。

経済的な余裕や時間的な余裕がある方であれば迷わず選択肢の一つとして強く候補になりますよね。

但し白髪染めは新しく生えてくるものもありますから、定期的に通う必要もあります。

そうなるとやはり費用もかさんできますし、時間もとられる事にはなります。

そうするとやはり私個人としてはhairjuヘアカラーフォームを利用した方が経済的にも時間的にも余裕がもてるかなとは思ってしまいますね。

セルフカラーで白髪染め

今回の記事でも紹介していますが、市販の染毛剤を利用したセルフカラーによる白髪染めも一般的です。

しかし、記事内で紹介したように、脱色剤を使用しているものであれば髪や頭皮へダメージを与える事になりますし、扱いの難しいものもありますからどういう市販の染毛剤を選ぶかも重要になってきます。

まぁそういった意味でもやはりhairjuヘアカラーフォームがベストという結論にたどり着きますね。

切る、抜くなどの方法

これは白髪染めというわけではありませんが、白髪を切る、抜くといった対処方もなくはありません。

しかし、これは私は決してオススメは出来ません。

というのも、白髪を抜くという行為は頭皮にダメージを与える行為となります。

また切るという行為の場合は髪や頭皮へのダメージはありませんが、短くなった白髪が少し伸びてきたときに逆に悪目立ちしてしまうという結果に繋がってきます。

このように、白髪の対処方としてはやはりhairjuヘアカラーフォームが一番なのかと私個人としては思います。

ヘアージュ公式ホームページ
TOPページを見る